FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

き、昨日の夜あったことをありのままに話すぜ

タイトルはネタに走りましたね。

さて何が起こったのかというと。
それは追記にして(ぇ
・・・見られた。
バインダー見られた・・・。
ただそれだけでテンションハァイ!(何故

ただいまレポートをさぼりつつ更新。
今回は特にネタはないんで以上かな。
じゃあ後は追記。
たいした事ないんで放置でいいと思いますけどね。

おまけです。
毎回入れてみようかこのネタ。 何があったのかというと。

そうそれは、あの事件から何日かたったような長い夜の事だった・・・。(昨日の話だけどね)

家には風呂がないので隣の祖父母宅へ風呂に入りに行くんです。
その途中で何かの音が聞こえてきました。
聞き覚えのある何かの声。
ジャージャーと聞こえるその声は、確かに蝉の声でした。
蝉?
今冬だし。
どこから聞こえてくるのかもわからないままその音はだんだんと遠ざかっていった・・・。
一体なんだったんだと思いつつまた歩き出せば、
空からは白い雪が降り始めていた。

第一話 完


物語風に書いてみた。

だからなに?なんですけどね。

とりあえずタイトルどおりに書いたし、いいじゃん。
以上、ひっさびさの更新終了。
スポンサーサイト

コメント

ひぐらしの声聞き間違えたんじゃね?
ええ!俺殺されるっ!

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長谷川ナナシ

Author:長谷川ナナシ
みんなで作った輪は大きくなりすぎて
時には君がどこにいるのかもわからなくなって
そっと誰かがくれた優しい言葉が
君のものだと教えてくれたんだ
腕をかき 風を切れ 前を向き
涙がにじむほどに真っ直ぐ
この空を駆け抜けろ
きみは一人僕で二人
いつしか「僕たち」になって
この輪で次の ジャンプを目指すんだ
その足が震えても 僕らが連れて行くよ

~Little Busters!  Little Jumper Verより~

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タマジェット
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。